HOME > 困ったことはこうやって解決 > 生前にたくさんもらっている時は?

あなたが遺産分割で困っていることは何ですか?

生前にたくさんもらっている時は?

被相続人の生前に、多額の援助を受けた者が相続分どおりに遺産を分けると他の相続人よりも、もらい過ぎのように思えます。
また、被相続人の介護などを積極的に行った者は、遺産を追加してあげないと不公平に思えませんか。
このような不公平を是正するためにあるのが寄与分特別受益といわれる制度です。

特別受益とは、特定の相続人が被相続人から婚姻、養子縁組のため、もしくは生計の資本として生前贈与や遺贈を受けているときの特別の利益のことをいいます。(民法1044条・903条)

特別受益を受けている相続人がいる場合、その受益分を考慮して相続分を計算することになります。
具体的には、特別受益に該当する一部の相続人が受けた生前の贈与を遺産の前渡しとみなし、その贈与を相続時の財産に加えた上で各相続人の相続分を計算することになります。

特別受益を受けていた相続人の相続分が、既に受けている特別受益の額に満たない場合、その相続人が相続時に受け取る遺産は存在しないことになります。

具体的計算例

子が三人いて相続財産が3,000万円としましょう。

特別受益がない場合

特別受益が誰にもなければ一人あたりの相続分は1,000万円です。

特別受益がある場合

長男に特別受益1,000万円があったとすると、次のようになります。

  1. まず3,000万円に特別受益1,000万円を加算します。つまり長男の特別受益分がなければ、その特別受益1,000万円は親の財産に残っていたはずだと考えて加算するのです。

  2. この4,000万円を3人で分けて、一人当たり1,333万円となります。

    (4,000万円÷3)=1,333万円

  3. 長男は生前に受けた特別受益額1,000万円をここから差し引きます。

    長男 1,333万円-1,000万円=333万円  次男1,333万円  長女 1,333万円

    結果、一人当たりの相続分は次のようになります。



あなたが遺産分割で困っていることは何ですか?

  • 遺産分割(協議)とは?
  • 遺産分割協議書って自分でつくれるの?
  • 相続したくない時は?
  • 借金はどうなるの?
  • 未成年でも相続できるの?
  • 認知症でも相続できるの?
  • お世話をした分、多くもらえるの?
  • 生前にたくさんもらっている時は?
  • 連絡の取れない兄弟がいる時どうすれば?
  • 遺言があると従わないとダメなの?
  • 全員納得していても協議書は必要?
  • 他にも家族がいたらどうするの?
  • 後から財産が出てきたら?
  • もし、話し合いがまとまらなかった時は?
  • 一度決まった内容に従わない場合はどうなるの?

  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!