HOME > 困ったことはこうやって解決 > お世話をした分、多くもらえるの?

あなたが遺産分割で困っていることは何ですか?

お世話をした分、多くもらえるの?

相続人の中に、故人の財産を維持したり、さらに増やすために特別な働きをした人がいる場合に、他の相続人より相続分を多くすることができます。
これを「寄与分(きよぶん)」といいます。

寄与分が認められるのは、次のような場合です。

  1. 故人の営む事業に関して労務を提供した場合
  2. 故人の営む事業に関して財産を提供した場合
  3. 生前に故人の病気療養の看護に努めた場合
  4. その他、故人の生活費を支出したり、故人の財産を管理するなどして、財産を維持した場合

ただし、親子や兄弟姉妹の間では、扶養義務があり、お互いに助け合わなければいけないという決まりがあります。
したがって、「故人の世話をしただけでは、寄与分は認められません」

寄与分は、相続人の間での不公平を無くすためにある制度ですが法定相続分遺留分と違い計算方法は決められていません。

寄与分は原則として、話し合いで決めます。
※遺産分割協議では、相続人の中に故人のために何かしてあげた人がいる場合には、本人が言わなくても、少し多く相続させたり、感謝の意を伝えるなどしたほうが、和やかな雰囲気で話し合いが進むでしょう。



あなたが遺産分割で困っていることは何ですか?

  • 遺産分割(協議)とは?
  • 遺産分割協議書って自分でつくれるの?
  • 相続したくない時は?
  • 借金はどうなるの?
  • 未成年でも相続できるの?
  • 認知症でも相続できるの?
  • お世話をした分、多くもらえるの?
  • 生前にたくさんもらっている時は?
  • 連絡の取れない兄弟がいる時どうすれば?
  • 遺言があると従わないとダメなの?
  • 全員納得していても協議書は必要?
  • 他にも家族がいたらどうするの?
  • 後から財産が出てきたら?
  • もし、話し合いがまとまらなかった時は?
  • 一度決まった内容に従わない場合はどうなるの?

  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!