HOME > 遺産はどうやって分けるの?

遺産分割の方法

遺産分割の方法には大きく3つの方法があります。
現物分割が原則ですが、相続人の意向や、相続財産の性質によっては、換価分割となる場合が多いでしょう。ただし、代価分割は、相続人に過度の負担が生じたり、争いの元となりますので、注意が必要です。

遺産分割の種類
内 容
現物分割 遺産の一つ一つを現物で分配する方法です。
例:着物、宝石、電化製品など
現物分割
換価分割 分配を現物分割でしてしまうと価値が下がる、相続人全員が使用しないなどの理由で、現金などに換価して分配する方法です。
例:あまり広くない土地、誰も使用しなくなった実家など
換価分割
代償分割 現に利用していたり、現物・換価分割によることが後々に問題を起こす遺産がある場合、相続人の一人に相続分を超える遺産を現物で相続させ、他の相続人にはその遺産の価格分を支払う方法です。
例:現在も居住する実家、農地その他事業用地などの不動産、経営する会社の自社株など
代償分割

ただし、支払う相続人には、過度の負担がかかる場合も多く、その負担額には配慮が必要です。税理士などの専門家とともに、綿密な話し合いと合意が必要と考えます。

※代価分割が認められる判例による基準
(1)遺産が細分化を不適当とすること
(2)共同相続人間に代償金支払の方法によることの争いがないこと
(3)遺産の評価がおおむね共同相続人の間で一致していること
(4)遺産を取得する相続人に債務の支払能力があること

※共有分割(きょうゆうぶんかつ)に関してはこちらを参照してください。

  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!